09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カースト制度と信仰と

インドへ宣教にいっている友人からメールが来た。





*以下メール転載。*





インドから、どうしても日本の人たちにお祈りしてほしい内容があるので、メールさせていただきます。

ぶしつけなお願いですみません。



日本にはおそらく情報が行っていないと思うので、敢えて伝える必要があると思いました。

世界の片隅で起きている出来事の一つと思わず、自分の兄弟が直面している現実と考えてくださるようにお願いしたいし、僕もそのように考え、祈るように神様に示されています。





祈ってほしいのは、オリッサという州で起きている、クリスチャンの迫害についてです。



ヒンズー原理主義者の武装集団が次々に教会を燃やし、クリスチャンを襲っています。

教会やクリスチャンの家に火がつけられ、男性は縛られ、3歳以上の女性は全員レイプされてから殺され、それを男性は目撃させられてから、殺されます。

人間が生きたままガソリンをかけられて火をつけられています。

体をバラバラに切断されたクリスチャンもいます。

犯行は計画的で、オリッサからクリスチャンが逃げられないように交通網も遮断されているそうです。

クリスチャンができるのは森に逃げることだけですが、森には毒蛇や猛獣がいて非常に危険です。



これほどのひどい迫害は、最近にもあまり類を見ないそうです。



インドの警察や政府は、ヒンズー寄りの世論で動くので、事がいったん収まるまでは何の行動もおこしません。



オリッサで始まったこの迫害は、他の州にも飛び火していて、デリーからそう遠くない場所でも教会が燃やされました。

僕がいまいるデリーでいつ同じことが起こってもおかしくないそうです。



明日、ニュージェネレーションチャーチという教会が主催する、この暴力問題に対して社会に呼びかけるイベントに、僕は参加してきます。

とりなしの祈りの集会にも何度か参加しました。

デモ行進も行われており、それにも参加しました。



ニュージェネレーションチャーチの牧師は、迫害を通してクリスチャンが強められ、福音が広まるような迫害もあるが、今回のはそうではない、と示されていると言いました。

今回のは単なる暴力であり、政府の傍観であり、人々の無関心であり、何より、サタンのなせる業だと。

われわれはこれが止むように祈る必要があると。



天使を遣わして神様がクリスチャンを守ってくださるように、家や家族を失ったクリスチャンたちを励ましてくださるように。

またこのことを通して、インドという国の抱える問題の深い部分に神がメスを入れてくださるように、日本のみなさんにも祈っていただけると幸いです。



よろしくお願いします。

署名



*以上メール転載終了*





大好きなドライバーは現在インド系資本のチームに在籍している。

つまりは決して他人事では無いと思う。



簡単に調べただけだが、確かに日本では全く今回の件に関しては記事が無い。

海外を対象に検索したらすぐ詳細がわかった。

いかに日本にとって関心が無いかがわかる。



インドでは今でもカースト制度が根強く、このオリッサも資源が抱負にもかかわらず、底辺がために発達が遅れているとある。



見たサイトには現地の写真があり中には目も当てられない痛々しい孤児院の姿もあった。



…分かり合えないって悲しいなぁ。





スポンサーサイト
Secret

Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版

プロフィール

五月

Author:五月
絵描いたり、服作ったりしてます。
お仕事随時募集中。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

kitaka

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。